シフォン素材のトップスで簡単に胸を大きく見せることができます

ファッションで胸を大きく見せるコツは、ずばりシフォン素材のトップスを選ぶ事です。シフォンは薄く透明感のある素材で、ふんわりとしたエアリーな質感が特徴ですが、実はこのふんわり感のもつ「錯視効果」が、胸を大きく見せてくれるのに大いに役立つのです。ではいったいその「錯視効果」が胸を大きく見せる仕組みについて解説しましょう。

シフォンのような薄い素材で作られたトップスは、身動きをする度に空気を内側に取り込み、その都度ふわっと膨らみます。その膨らみがより胸元を強調してくれる為、多くの人に「胸が大きく見える」という錯覚を与え、その錯覚がやがて定着し「あの子は胸が大きい」という思い込み効果を生んでくれるのです。

シフォントップスのデザインでおすすめなのは、胸元が大きめに開いていたりドレープが施されているものです。たとえシフォン素材であっても、シャツブラウスのようなタイトなデザインを選んでしまうと内部に空気を取り込めず、胸を大きく見せる効果がありません。シフォン素材の持つ「錯視効果」によって簡単に胸を大きく見せる事ができるこの方法、ぜひ一度お試しください。
mune8

バストアップのファッション、色でバストが大きく

mune4
胸を大きく見せる為にフリルのついたような服を着ると胸元が強調されます。
体にフィットした服でタートルネックの袖無しのトップ、胸が大きく見えます。
ブラジャーをつける時は、前かがみになり背中の肉を前に持っていくような感じで
ブラジャーの中に入れてください。そうすることで少し谷間ができます。
体のラインが丸みがあるように見せるためにも、
胸パットか厚みのある肩パットを入れ、更にバストを大きくして下さい。

丸みのある膨張色の色を胸元に持ってくるようにしてください。
膨張色は赤、オレンジ、黄色、明るい白、薄いピンク等の暖色で大きく見えますので
それをトップの服にもってきます。
下半身には寒色の色を持ってくる事でメリハリが出ます。寒色には青、青緑等の色です。
寒色の色は、実際より小さく見えて細く見えます。
全身のイメージはSの形をメージし、ウエストのくびれも強調します。
ウエストラインは高いフレアスカートをはき、ベルトをつけ更にウエストを強調させます。

夏になると薄着のファッションになるので特にバストが小さい人は気になります。
色の調節や服のデザイン等でバストを大きく見せる事ができるます。
好きな人の視線をゲットできるようにしましょう。